>>マンションを探す

マンションを選ぶときのポイント

マンション選びといっても、実際の物件はそれぞれ個性的だ。賃貸や分譲ばかりではなく、
家族向け、2世帯、一人暮らし向けなど、広さやタイプも実にさまざまだ。あなたの暮らしにぴったりのマンションには広島 賃貸で見つけてみましょう。広島以外の物件で出会うためには、どうすれば良いだろうか?
アパート経営をお考えならこのことを頭に入れておくと人気のアパートを建てる事ができるかもしれませんね。


 

大きく分けると、次の4段階で家作りは進んでいくことになる。

第1段階 マンションのことをしっかり考える。勉強する。
第2段階 資金の準備。ローンや税金のことを知る。
第3段階 希望をまとめる。不動産会社を選ぶ。物件を選ぶ。
第4段階 手続きする。契約する。

 

まず、第1の「勉強する」段階について考えていこう。

この段階のポイントとして、マンションを考えるには、次の3点をしっかり見ておくこと。

・物件そのものをしっかり「見る」こと!
・自分の「時間」から考えよう!
・周辺環境と管理をこまかくチェックする!

1.物件そのものをしっかり「見る」こと!

マンション選びのポイント、第1は「練習」だ。物件をしっかり見極め、自分にとって良いかどうかを分かるためには、目を養うことが大切となる。それができていないと、優先順位の低い条件で選んでしまったり、イメージに流されてしまうことも多いだろう。さて、どんな練習をすると良いのだろうか。

マンション広告の表現に慣れるためには

自分にぴったりのマンション物件を選ぶ目を養うには、いくつもの物件情報を手元において、条件表を作ることだ。特に最近の新築マンションは、設備も充実しており、目を奪われてしまうような好条件が広告にうたわれている。ついついそちらが気になって、自分たちにとってもっと大切な条件を忘れてしまいがちになる。家族で「この物件はここが良いと思う」「でもこっちはこんな良いところが」という条件を出し合って整理し、1つの表にしていこう。項目は優先したい順番に並べ、5段階評価で

 

とても良い/良い/ふつう/悪い/とても悪い

 

と並べておいて○をつけられるようにしておくと便利だ。物件情報も優先順位をつけて、第3候補ぐらいから第2候補、第1候補といった順番で見ていこう。目が肥えた状態で第1候補を見ることができるし、最初の物件であわてて決めてしまう、なんてことも防ぐことができる。


いくつも物件を見ていくうちに、落ち着いて不動産会社さんと話せるようになるし、質問のポイントも的確になる。例えば同じ「駅徒歩5分」といった表現でも、坂道や回り道などいろいろあることが分かってくる。

間取り図は「動線」で確認する

間取り図で部屋数などを見るのがマンション情報に接する基本だが、広さや日当たりだけで考えていると住み始めてから問題に気付くこともある。一戸建てなら2階建て、3階建ての中で考えることになるが、マンションはだいたいが1つのフロアになっている。生活動線が非常に重要になってくるのだ。マンションの間取り図を見るときは、住んだつもりになって、生活の「動線」を見ることが大切だ。


キッチンから洗濯機までどう動くのか? 夜リビングで親がテレビを見ているのが子供たちの邪魔にならないか? 家に帰ってきた子供たちとキッチンのお母さんが無理なく顔を合わせられるか?

 

年ごろの男女の兄弟などの場合、お兄さんが妹の部屋を通らないと部屋に入れない、というのは困るだろう。キッチンから洗濯機、そこから物干しまで、スムースに動けないと毎日が大変.。実際の物件を見るときにも、そうした想定をもって歩いてみると、感じ方が全く変わってしまうもの。家族のスタイルに応じた「大切な動線」もリストにして、見学に行こう。

2.自分の「時間」から考えよう!

朝・昼・夜とマンションライフ

マンションを選ぶとき、どうしても3LDKといった平面的な考えかたで見てしまいがちだが、1日の時間を考えて物件を見るのがおすすめだ。例えば、通学時間の道路の混み具合はどうか? 夜のくつろぎタイムに騒音は気にならないか? 周辺の夜道は危なくないか? 気に入ったマンションには、時間帯を変えてもう一度行ってみることができればベストだ。
長く過ごすマンションなのだから、家族の生活時間と重ね合わせて考えてみていこう。

何歳まで住むと考えるか

例えば10年後、あなたはいくつで、子供さんはいくつになっているか? その時には今の暮らしとはスタイルがかなり違っているかもしれない。賃貸マンションなどはその時々のスタイルに応じて最適なところに住み替えられるのが魅力なのだが、長期間住むなら、という視点はとても大切なことだ。


家族の時間表を作ってみよう。5人家族なら5行の表を作って、今から1年、2年と進んで、子供たちが何年生になっているか、何歳まで一緒に住んでいるだろうか? 自分の年齢はいくつでその時どんな暮らしをしたいと思っているか...。誰でも漠然と考えていることが、表にしてみるとくっきりと見えてくる。

3.周辺環境と管理をこまかくチェックする!

近所の人と話せば住み心地が分かる!

マンションを選ぶ時に「物件」を見るのは当然だが、周辺環境も忘れずにチェックしよう。一戸建ては街の雰囲気の中にとけ込んで造られていくが、マンションは古い町に突然新たな街が現れたようなものだ。物件は良いのに周辺環境が...ということも起こりがち。不動産会社さんと一緒に、その車で行ったりする場合には、周辺環境を見るのが難しくなることもある。相談して「帰りは駅まで歩いてみます」、といったお話をしておこう。

 

駅や学校、病院、ショッピングセンターが近いといった項目の他に、ゴミ出し場所がきれいかどうか、消防車や救急車は停まりやすいか、といったマンション周りの様子も少し立ち止まって見てみよう。狭い道なのに思わぬ抜け道になっていて交通量が多いといったことも、少し立ち止まるだけで見えてくるはず。

 

電車や高速道路の音が夜どれぐらい聞こえるか、散歩している人たちの雰囲気は良いかなど、できれば思い切って、何人かの人に話しかけてみると良いだろう。「この辺りはどうですか?」といった抽象的な聞き方ではなく、「駅が近くて便利ですよね」など、具体的に水を向けてみよう。「便利は便利なんだけどね...」と、住んでみなければ分からないような意外な問題点を教えてくれたりするはずだ。

駅からの所要時間は実際に歩いてみる

周辺環境で気になるのが駅やバス停からの時間だ。よく、そうした情報はあてにならないと耳にするが、別に不動産会社さんが嘘をついているわけではなく、単純に距離に対して分速80メートルで歩く、といった基準で出している数字だから、実際に歩いてみないと分からない部分がどうしてもでてくる。途中に急な坂道や階段があったり、駅の構造が悪くて改札口が不便な場所にあったり。会社帰りに買い物に寄って、と考えるなら、駅よりも駅前のスーパーから荷物を持って歩くことを想定した方が良いのだ。

掲示板や郵便受けで分かるマンションの「素顔」

マンションは管理で買え、と言われている。賃貸マンションでも管理が行き届いた物件は、少々管理費が高くても代えがたい値打ちがあるものだ。それを見るポイントは郵便受けやエレベータホールの掲示板など、玄関周りに集中している。物件を見たあとには、一度その辺りで立ち止まって情報収集してみよう。

 

特に掲示板は必見だ。管理がしっかりしたマンションなら、エレベーターの点検や拾得物の連絡などの他、交流行事のお知らせなどもしっかり最新情報が掲示されているはずだ。


その他にも、郵便受けがいらない広告でいっぱいになっていないか、駐輪場の自転車のカゴがゴミだらけではないか、各階の共有廊下に私物が広がっていないか、引越しの手間はどれぐらいかかるだろうか、料金は?など、いくつか象徴的なポイントは見逃さないようにしたい。

 

いかがだっただろうか? まずはこの3つのことを準備して、落ち着いて比較できるようにすれば、自分にぴったりのマンション選びを始めることができるだろう。 マンション選びのポイントは他にもいっぱいある。これから少しずつ情報を増やしていくので、どうぞご期待に。

Favorite

2017/3/10 更新