>>マンションを探す

快適なマンションライフを楽しむ

マンション派のあなたなら、一戸建てとは違う、マンションならではの生活の利点を十分に生かして、快適な暮らしを満喫していこう! そのポイントとして、次のようなものが考えられる。インテリアやベランダガーデニングなど、その楽しみは幅広く存在する。やはり、マンションは基本ワンフロアとあって、掃除や家の外回りの管理など保守面では一戸建てよりも楽だ。その分、趣味などに興味を向けることができる。

 

そんな中、今回まずお話しておきたいポイントとして、次のようなものがある。

1.眺望と利便性を生かすために
2.「触れ合い力」で付帯施設をフル活用

1.眺望と利便性を生かすために

いろいろな工夫で日当たり、風通しを徹底活用する

マンションのメリットとは、一戸建てよりも一般的には高層であることだ。ベランダからリビングルームが南面するように作られていることが多く、さえぎるものの少ない眺望や日当たりが得られるのは非常に良い点と言えるだろう。マンションライフを選ぶなら、この利点を生かさない手はない。

 

リビングルームやベランダまわりをうまく片づけて快適な窓辺環境を作りだそう。できればウォークインクローゼットを生かしてリビングには背の高い家具をあまり置かず、涼しげで風通しの良い状態を維持するようにしよう。最近のマンションは設備が良く、リビングのフローリングに床暖房が入っていることなどから、全般に視線の低い暮らしが広がっていると言われている。低い視線のフロアライフは、より天井が高く感じられ、風通しも良い印象になるのでマンションにはぴったりあった暮らし向きと言えるだろう。

 

そんな中で、眺望の良い窓際に高い小さなハイカウンターテーブルやハイスツールなどを置いて、ちょっと目線を変えると気分が変わり、外の眺めも満喫できる。

 

マンションの日当たりの良さは、リビングルームに日中の明かりを採り入れ、快適な暮らしを得ることができるが、家具や本棚の本の日焼けには注意しよう。最近はレースのカーテンにUV加工を施した商品が増えている。こうした道具を使えば手軽に防ぐことができるのだ。

 

マンションでは、家の四方すべてに窓があるというのは珍しいことである。南北に長い形で東西に窓のない作りなどでは、ややもすると風通しが悪くなりがちだ。冷房効率などにも影響してくるため、普段から風が通るように、できるだけ遮る家具などがないようにすると、より快適な暮らしを得ることができる。

クローゼットを使いこなして、広々と暮らす

マンションはしっかりとした収納で選ぶという人も多い。中でも広いウォークインクローゼットやシューズボックスがある物件なら、その中をできるだけフル活用して、あまり多くの収納家具が部屋を埋めてしまうような感じにならないことが大切だ。これから新たにマンションに引っ越す、という時には、ぜひ良く吟味して、「とりあえず今ある荷物を何でも運んでしまう」ということがないように、捨てる勇気を持つことも心がけておこう。

 

前の家で必要に応じて買い集めた収納家具が、サイズが不ぞろいだとか、新しい家のスペースに合っていないのを無理に、テトリスみたいに積み上げてしまうと、部屋がすっきりしない印象になり、必要以上のスペースを使ってしまっている家庭は少なくない。

 

さて、ウォークインクローゼットには天井までの棚や広いコートハンガーラックを用意して、十分な収納を確保しよう。L字型に棚をつくると角の部分にデッドスペースができがちなので、できれば棚やラックは「二」の字型に対面で並べるようにしよう。

 

マンションの利点は、多くがワンフロアで、主婦の動線なども合理的に作られていること。ところが主婦の活動にはミシンやアイロンなど、日頃の活用度の違う道具がたくさん必要となる。活用度の低い道具はクローゼットに片づけ、主婦の動線をふさぐことがないように気をつければ、マンションの特長を十分に生かすことができるだろう。

マンションの、駅と反対側の街に名店

マンションのもう1つの利点は、駅が近い、病院やショッピングセンターなどの生活施設が周辺にあるといった利便性がある。こうした利便性を生かしきるコツは、実は「少し早く帰ること」だったりする。そんな無理な、と言わず、一度早く会社から帰って、駅と反対側の街を散策してみよう。マンションライフでは、どうしても駅とマンションの間だけを行き来する暮らしになりがちだ。反対側にもまだまだ便利ゾーンが広がっているので、それを生かさないのは大変に損である。

 

例えば、駅と反対側に古い町が広がっている、といった場合には、良いお店がいくつも見つかることだろう。配達してもらいやすい酒屋さんを見つけるだけでも、マンションライフは潤いのあるものになるだろう。

2.「触れ合い力」で付帯施設をフル活用

違う階の人と仲良くなれれば快適度アップ

マンションライフの気楽さは、近所づきあいをあまり気にしなくても良いということかもしれない。でも、ぜんぜん没交渉で、エレベーターで会っても知らんぷり、というのでは防犯・防災上も良くないし、良い情報が入ってこない場合もある。周辺地域のことを良く知る方が入居していたりすると、病院のこと、子供の教育や習い事などの情報がいち早く得られて助かる。

 

いろんな住民がいるのがマンションだが、コミュニティ活動や趣味のグループなどをうまく利用して、仲良くなれば、近隣トラブルも未然に防ぎやすくなるだろう。

集会所、駐輪場、マンション名人は付帯施設を使いこなしている!

この頃のマンションは、住戸だけではなく、付帯施設が充実しているのが素晴らしいところだ。児童公園や駐車場・駐輪場は当り前、集会所でバザーや餅つき大会などさまざまなイベントが行われたり、中には温泉施設が併設されていたりするマンションがあるほどだ。

 

忙しくて夜中に寝に帰るだけ、といった時期もあるだろうが、付帯施設の利用方法が分からなくなってしまった、なんてもったいない!休日などにこうした付帯施設を使って、暮らしの幅を広げていこう。

Last update:2016/6/1